라티스글로벌 ゲーム運営を成功するために開発社が準備すべきこととは - Latisglobal

ゲーム運営を成功するため開発社が準備すべきこととは 

恐らく、一度はこんな風に考えたことがあるかと思います。 「英語が母国語ほど上手な国が多いですが、ゲームローカライゼーション作業は必ずしなければいけないのか? もししたとして、英語だけローカライゼーションすれば良いか?」 勿論一理ある考えです。 しかし、私たちの答えはこうです。 

 

「実際、ゲームを楽しむ上で最も重要な要素がローカライゼーションだとは言えません。しかし、すべてのゲームプレイヤーがしっかりと、そして長く楽しめるゲームを目指しているとすれば、ローカライゼーションは必須です。」 

 

ローカライゼーションの過程を経ていないゲームもユーザーの間で多くプレイされる場合があります。 例えば、ストリーミング放送で韓国人ストリーマーが簡単な英語のゲームをすぐにプレイする様子や、直感的なUIデザインのゲームの場合です。 

 

しかし、現実的にはストリーマーのリアルタイム翻訳なしに、デザインだけ見て説明一行なしでもスムーズにプレイできるゲームは存在しないでしょう。ほとんどのゲームは、各ゲームのジャンルごとにチュートリアルまたはストーリー展開のローカライズを行わなければなりません。 

 

自分の母国語で完璧にローカライズされたゲームができれば、ゲームプレイヤーがよりゲームプレイ環境に適応できると思います。そして、その他にも多くの方面で ゲームローカライゼーションサービスは、世界進出のために必ず必要です。具体的にその理由てみましょう。  

パートナー社との協業に準備するもの

1. ムのロカライゼションを通じて家的、文化的違いによるイシュを防止し、良い結果を出すことができる

開発者ページを通じてレビュー管理、決済履歴などを照会して対応できるようにコンソールページに対するアクセス権限を提供し、使用できるようにする必要があります。 

2. ゲーム内ユーザーの各種ログ照会が可能なツールの使用権限

アプリ内購入およびランキング、リワードなどのログがない場合、ユーザーに対して詳細案内や追加確認、信頼性のある案内が不可能になります。素早い対応ができない場合、同様のクレームは蓄積され、あっという間に他のユーザーへと転移され不必要なリスクを呼び起こす可能性があります。 

そのため、ユーザーの各種ゲーム内活動のログを照会する機能がない場合は、素早く照会機能を構築できるツールを用意し、ゲーム運営業務のパートナーに対する信頼が足りない場合は、運営ツールの権限を制限し、後に信頼できると判断したとき、少しずつ権限を増やしていく形で運営業務を共有することも可能です。 

3. ゲーム外的なコミュニティ活動によるキャンペーン・イベントなどの考慮

多数のユーザーの参加により全体の報酬が与えられる場合は重要度が低くなりますが、必要と思われるリワードを支給を考慮すると、報酬の算定がより容易になるでしょう。 

多数のユーザーが参加しても一部の対象しか受け取れない場合は、リワードを少し高めにしてもいいかと思います。 

ただ、同一形式のイベントで同一ユーザーが続く場合、後に不満へとつながる可能性があるので、最初のイベントの設定時、その条件に制限を加えたり報酬を下げたりして設定するのもいいでしょう。 

今回の記事ではゲーム運営において一番必要な内容について調べてみました。 

より広いインサイトや成功的な運営について調べたい場合は、「ラティスグローバル・コミュニケーションズ」を通して調べることをおすすめします。